ダーツ

ダーツ

「小熊式」DVDはどんな内容なのか


「小熊式」DVDはどんな内容なのか


Cフラ〜Bフラを彷徨い続けた私が半年足らずでAフラデビューするきっかけになった「小熊式」DVDはこれです

ダーツ小熊式
ダーツ投げ方上達「小熊式」

このDVDは4枚組。すごいボリュームです。それに小冊子が付いてきます。DVDの特典らしいですが、この小冊子がないと、正直ダメです。

小冊子には

「誰でも身につけるべき基本形」
「自分の形の見つけ方」

について解説しています。この中で「全ての人が絶対に身につけるべき基本形と、人によってちがう自分の形を分けて考える」ということが書かれています。

例えば、体をブラさず動かさないことは全ての人に共通します。体を動かしても誰も何のメリットもありません。逆に、グリップの形は、指の太さや長さや関節の形で人それぞれ違います。

これを一緒に考えてしまうから、混乱し、上達ができないと小熊プロは言っています。この考え方は私にとってかなり衝撃的でした。基本形の部分と自分の形の部分をはっきりと明確化されています。

多くの書籍やDVDでは、著者が投げる形=正解、という考え方が非常に多かったように感じます。それを見てそのままマネしてしまう人が多いはずです。

中には「○○は人それぞれ、自分にあった形を探しましょう」と書いている本もあります。しかし、その肝心の

「自分にあった形の探し方」

にしっかり言及している本やDVDを私は見たことがありませんでした。自分の形、わかってはいるけど未だに見つからないという方多いと思います。逆にそれさえ見つければAフラの仲間入りだと思います。

小熊式では、自分の形を見つけるのに重要なことは

「基本形を先に身につける」
「○○だけ意識して、自分の形を探す」

と紹介しています。全員に当てはまる「基本形」ができていない間は、自分の形を探しても遠回りなのです。ここを見逃してはいけません。

これは私の推測ですが、ある程度入るようになって、時にはハットも出せる。でも調子が悪いと全く入らない、波が激しいという方はこの「基本形」が出来ていないのだと感じます。「自分の形が見え隠れ、しかし未完成な基本形が足をひっぱっている」というわけです。

そして、基本形を身に付けた後は(内容は非常に簡単で誰でもできます)いよいよ自分の形探しになるのですが、ここで4枚組超ボリュームのDVDが役に立つのです。

○○を意識しながら、とにかくDVDを全て見る。DVDの内容は「重箱の隅を突くにも程がある」と言うほど、非常に細かい部分までアドバイスをされています。

まとめますと

1、上達についての考え方を変え
2、簡単な基本形を身につけ
3、○○を意識しながらDVDを見て自分の形を探す

という流れになります。

私は小熊プロのまわし者ではありませんが、この小冊子とDVDの内容を見て、上達しない人はいないんじゃないか?と思います。

ただ、絶対に買ってはいけない人がいます。それは

「自分の考え方や投げ方が絶対に正しいと思っていて、絶対に変える意思がない方」

このような方に関しては、お金をドブに捨てるようなものだと思います。間違いなく、今の自分の考え方や投げ方と相違する部分が出てくるからです。

本気でダーツを上達したい、上達のためなら、小熊プロの理論に従う、という方は間違いなく「買い」です!

ダーツ小熊式
ダーツ投げ方上達「小熊式」





   メニュー
ダーツの歴史
ダーツの基礎
ダーツの持ち方(グリップ)
ダーツの投げ方
ダーツの練習
ダーツのルール
ダーツバーに行ってみよう
ダーツ用語集
ダーツボードを部屋に設置してみよう
ダーツアレンジ表




相互リンク募集中です
リンク集
こちらまでlink1056@mail.goo.ne.jp連絡下さい
(ビジネス、アダルト関係はご遠慮させていただいております。)
リンクフリーです!!
こちらのバナーをご自由にお使いください!!
ダーツLove
Copyright (C)  All Rights Reserved